岡田です。

今回は「ブログアフィリエイトの正しいターゲット設定方法」
についての講義になります。

 

意外と疎かにされがちな傾向にあるターゲット設定ですが、

 

実はこのターゲット設定がテキトーな状態のままだと、
その後の情報発信に大きく響いてくる可能性が高いって知ってましたか?

 

ターゲット設定が疎かだと、情報を受け取る読み手の心に対して
全く響かない、訴求性が皆無の情報を提供してしまう恐れが出てしまったり、

 

本来であればターゲットにできたはずの見込み客を逃してしまい
後々の収入に大きく響いてくる事態になりかねないからです。

 

ですので、今回はそういった事態を回避するため
正しいターゲット設定方法について解説していきます。

それでは早速いってみましょう!

それって間違い?ブログアフィリエイトの正しいターゲット設定方法

割と頻繁に見かけるブログやサイトで、

 

「男性サラリーマン向けのネットビジネスブログ」

「専業主婦のためのお小遣い稼ぎブログ」

「会社勤めにさよならするためのアフィリエイトブログ」

 

このようなブログ名、サイトタイトルのメディアをよく目にするのですが
はっきり言って、こういったタイトル名はそこまで効果的とは言えません。

 

むしろ、かなり勿体無いことしてるなぁ
といった印象を受けてるぐらいです。

 

というのも、そういったあまりにも特定すぎるターゲット像を設定してしまうと、
本来であれば獲得できたはずのアクセスや多くの見込み客を
みすみす取り逃がしてしまう事に直結してしまうかもしれないからです。

 

例えば、上記で示した3つの例

 

「男性サラリーマン向けのネットビジネスブログ」

「専業主婦のためのお小遣い稼ぎブログ」

「会社勤めにさよならするためのアフィリエイトブログ」

 

これら特定のターゲットに向けたタイトル名って、
要は「お金を稼ぐためのノウハウ」を伝えるメディアという事ですよね?

 

だったら、わざわざ特定のターゲットに向けたタイトル名にするんじゃなくて
可能な限り多くの人達をターゲットに出来るようなタイトル名にすればいいんですよ。

 

でないと、特定のターゲットの範囲外であるものの
「お金を稼ぎたい」とは考えているその他大勢の人達、

 

上記の例で言えば、金銭欲のある未成年の学生や定職についていないニート、
年金暮らしで不安だから少しでもお金が欲しいというお年寄りの方などを
ターゲットや見込み客に取り込めなくなってしまう可能性が出てきてしまうからです。

 

そういった点を踏まえて、
上記3つの例を改善してみると、

 

「不労所得で自由を得るためのネットビジネスブログ」

「少しでも生活の足しにするためのお小遣い稼ぎブログ」

「圧倒的な経済的成功を掴み取るためのアフィリエイトブログ」

 

こういった風に、あえて特定のターゲットに絞り込んでいくのではなく
もっと広範囲なターゲットを取り込めるようなタイトル名を付けていけばいいんです。

 

勿論、これが「ダイエット」とか「恋愛」などのテーマになってしまうと
男性か女性、若年層か高年齢層などの余地が生まれてしまいますから
そういった要素もきちんとターゲット設定に考慮していかなければなりませんが、

 

仮にそうであったとしても、

 

「ダイエット」なら「痩せたい、美しくなりたい、スタイルを良くしたい」

「恋愛」なら「モテたい、付き合いたい、ヤリたい」

 

こういった動機を軸にしたターゲット設定を行った上で
性別や年齢、性格や嗜好などを考慮していけばいいんです。

 

そうする事でわざわざ遠回りな道を辿る事なく
確実に多くの人達をターゲットに取り込めるからです。

 

要するに、正しいターゲット設定とは、

 

悩みや願望などの「ニーズ」を明確にしていく事こそが
その在るべきスタートラインであるという事が言えます。

正しいターゲット設定の第一歩は「ニーズ」を明確にする事

先ほども言ったように、

 

「ニーズ」とは、あなたが扱う情報のテーマや
そのコンセプトに興味や関心を示す見込み客達の根源的な欲求、

 

・その人達は何を悩んでいるのか、何を解決したいのか

・その人達は何を欲しているのか、何を望んでいるのか

 

まずはこういった部分を明確にしていく事から
正しいターゲット設定は始まります。

 

そういった「ニーズ」の部分を疎かにしてしまうと、

 

獲得できたたはずのターゲットを取りこぼしてしまう事は勿論、
そこで定めたターゲットに直接響くような文章や
強く訴求できる情報発信ですら難しくなってしまうからです。

 

また、よくこれと対比されるような形で提唱されているマーケティング理論として
「ペルソナマーケティング」という理論があります。

 

「ペルソナマーケティング」とは、
具体的なターゲット像を想定したターゲット設定を意味しますが

 

ある教材では、

 

「まず最初は、血液型、誕生日、好きな食べ物、出身地、趣味嗜好など
あらゆる要素を細かく考慮した上でのターゲットを想定して下さい!」

 

このような解説がなされているそうですが
はっきり言って、これはあまりにも的外れな解説です。

 

「ペルソナマーケティング」における本来の目的は、

 

まずはターゲットの悩みや願望をしっかりと考慮した上で、
そこに関係してくる事柄や、それに付随する要素を具体化する事によって
ターゲットとなる相手の心情や心理を適切に捉えやすくする事であって、

 

その目的にそぐわないような要素、

 

「血液型、誕生日、好きな食べ物、出身地、趣味嗜好」など、
これらの要素を最初に決めていく事が最適だとは決して言えないからです。

 

故に、いずれにせよ

 

まずは、

 

・その人達は何を悩んでいるのか、何を解決したいのか

・その人達は何を欲しているのか、何を望んでいるのか

 

この「ニーズ」の部分をきちんと明確化した上で
それに関係してくる所はそこを具体化し、

 

ニーズに関係してこない所は出来るだけ具体化しない、
もしくはターゲットの範囲を狭めないレベルで具体化していく。

 

このような形でターゲット設定をしていくようにして下さい。

「ニーズ」の次は「知識、認識レベル」

ここで少し補足情報として、

 

悩みや願望などの「ニーズ」を明確化し、
ある程度ターゲット像を絞り込んだ次の段階についても解説しておきます。

 

それは、

 

・見込み客、ターゲットの知識レベルはどの段階にあるか

・見込み客、ターゲットの認識レベルはどの段階にあるか

 

この「知識、認識レベル」についてのリサーチです。

 

たとえ「ニーズ」がはっきりしていても
この「知識、認識レベル」が以下のようにあやふやな状態、

 

・見込み客、ターゲットがどの程度その悩みについての知識があるのか全く不明

・見込み客、ターゲットがどの程度その願望についての認識があるのか全く不明

 

このような状態では、その見込み客やターゲットに対して
価値のある有益な情報、ニーズを解決する役に立つ情報など、
こういった理想的な情報発信が難しくなってしまうからです。

 

ですので、「ニーズ」を明確化をクリアしたのであれば
次はそのターゲットの「知識、認識レベル」をリサーチしていって下さい。

 

ちなみにその際、有効とされる手段の1つとしては、

 

「OATHの法則」なんかが挙げられます。

 

「OATHの法則」とは、

O (Oblivious) →無知

A (Apathetic) →無関心

T (Thinking) →考えている

H (Hurting) →困っている

このようにターゲットの悩みや願望の問題意識、
「知識、認識レベル」を4段階別に分けたものですが、

 

基本的にこれは上から下にいくほどに
その「知識、認識レベル」は強まっていくものと考えておいて下さい。

 

例えば、アフィリエイトで稼ぐためのブログを解説しているブログであれば

 

1.見込み客、ターゲットはアフィリエイトの存在自体、何も知らない状態 (O)

2.アフィリエイトの存在は知っているものの、そこに興味や関心は全くない状態 (A)

3.アフィリエイトに興味や関心はあるものの、そこに強い確信は抱いていない状態 (T)

4.アフィリエイトで稼ぐためのノウハウを非常に強く欲している状態 (H)

 

こんな感じで、「OATHの法則」は

 

・見込み客、ターゲットの知識レベルはどの段階にあるか

・見込み客、ターゲットの認識レベルはどの段階にあるか

 

この「知識、認識レベル」の判別に有効だと思いますので
是非、活用していって下さい。

ブログアフィリエイトの正しいターゲット設定方法。まとめ

以上、簡単にまとめてしまうと

 

正しいターゲット設定の第一歩は「ニーズ」を明確にする事

 

「ニーズ」とは、

 

あなたが扱う情報のテーマや
そのコンセプトに興味や関心を示す見込み客達の根源的な欲求、

 

・その人達は何を悩んでいるのか、何を解決したいのか

・その人達は何を欲しているのか、何を望んでいるのか

 

これらの「ニーズ」をはっきりさせておく事が
正しいターゲット設定のスタートライン。

 

更にそのターゲットに見合った有益な情報発信を行っていくために
以下のようなターゲットの「知識、認識レベル」もある程度明確にしておく。

 

・見込み客、ターゲットの知識レベルはどの段階にあるか

・見込み客、ターゲットの認識レベルはどの段階にあるか

 

この「知識、認識レベル」を明確にするための有効な手段として

 

O (Oblivious) →無知

A (Apathetic) →無関心

T (Thinking) →考えている

H (Hurting) →困っている

 

「OATHの法則」を参考にしていく事が有効。

 

 

是非、以上の事を踏まえて
適切なターゲット設定を行っていって下さい。

 

それによって確実に読み手にとって価値の感じられる
有益な情報発信が可能になっていくと思いますので。

 

何か参考になれば幸いです。

岡田

ブログ講座一覧

NB.GYM〜メルマガ限定クラブ〜

ネットビジネスの「真髄」と「本質」を徹底追求した一流ノウハウ。

その全てを踏み台にして最短最速で銀行口座の残高を8桁、
最終的には「億」単位の数字で埋め尽くす。

その秘密の全貌を「完全無料&豪華7大プレゼント付き」で知りたいあなたへ・・・

意識レベルが高い人だけにお届けしていきたいという私個人の考えから、
ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを、
私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

また、ブログで公開している情報はその特性上、
知識の体系化には多少の難があるかと思いますので、
そういった効率的な解決策としてでも本講座は非常に有意義なものになるはずです。

 

少なくともあなたには1ミリたりとも損は感じさせない
「量」も「質」もある内容になっていると自負しています。

 

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますので是非ご登録下さい。

それではメルマガにてお会いしましょう!

完全無料&豪華7大プレゼント付きでの登録はこちら