私が知る限りでは、これはコピーライティング界最強のPDF教材です。

もしかしたら、この教材+特典であなたの人生が一変してしまうかもしれません。

<商品情報>『The Million Writing』

概要:コピーライティング、セールスレター執筆に特化したライティング教材

媒体:文章形式のPDF教材(一部画像あり)

対象:言葉,文字,文章を用いてネットビジネスやアフィリエイトを実践する全ての人

The Million Writing(ミリオンライティング)

販売URL:http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/a.html

販売事業者名:株式会社イーブックジャパン

メールアドレス: info@copyrighting-supremeprinciple.net

(限定特典付き)必須PDF教材?
The Million Writing 宇崎恵吾 評価レビュー

『The Million Writing(ミリオンライティング)』は、
主にセールスレターの執筆を題材とした形の教材であり、
フラットな見込み客をゼロから商品購入、成約させていく事に焦点を当てた教材です。

 

つまり、人の心を反応させて成約を勝ち取る文章を書いていく技術である、
「コピーライティング」に特化したライティング教材という事ですね。

 

ネットビジネス業界では気持ち悪いほど絶賛されている、
この『The Million Writing(ミリオンライティング)』ですが、
果たして本当にそこまでのクオリティがあると言って良いのか。

 

いくら推奨教材と言っても、ただ闇雲に勧めるだけでは、
やはり、大きく信憑性に欠けるかと思いますので

 

ここでは一度冷徹に心を鬼にして、
あくまで客観的な評価を下していきたいと思います。

 

・・・とその前に、

 

一度、「コピーライティング」というスキルの圧倒的な重要性や、
その絶対的な優位性を確認させて下さい。

 

一体なぜ、「コピーライティング」というスキルがそこまで大切なものになってくるのか?

 

その答えが確固とした形であなたの中に刻まれていれば、
今後のコピーライティングスキルの習得や活用に大きく影響してくると思いますし、

 

何より、貴方にとってのこの教材価値を最大限にまで高められるはずですので。

コピーライティングスキルの有無が命運を左右してしまう理由

ネットビジネス、特にアフィリエイトで稼いでいくにあたって、
なぜ、コピーライティングが最も重要なものとされているのか?

 

その答えは、

 

結局、あなたの収入となるお金を払ってくれるのは紛れもなく「人間」であり、
彼らを動かしていくためには「文字,言葉,文章」こそが最も有効なツールだから。

 

この一文に他なりません。

 

これ、完璧に反論できますか?

 

現に今のインターネット上にあるほぼ全てのブログやサイトは、
ほとんど「文字、言葉、文章」の形式で構成されています。

 

「いやいや、今はデザインとかyoutubeの動画とかもあるでしょ!」
と思われるかもしれませんが、

 

あくまで画像や動画は、「文字、言葉、文章」、
この存在があってこそ、その効果を発揮するのです。

 

現に、そういったYoutubeなどの動画によるマーケティング戦略を仕掛けている人でさえも、
少なからず、動画タイトルや概要の説明欄などにそれらを使用しています。

 

ましてや、「文字、言葉、文章」が主体となってくるアフィリエイトに対して、
それらの要素が大きく影響してこないはずがありません。

 

つまり、どのような「文字、言葉、文章」を扱って「人間」を意図的に動かしていくか、
この一点が目的であるコピーライティングというスキルは、
アフィリエイトで稼いでいくために絶対必須だという事実に変わりはないという事です。

巷で囁かれるコピーライティング不要論

「コピーライティングなんて使わなくても稼げますよ!」

 

よくこんな意見を言っている方々を時々見かけるのですが、
はっきり言って、彼らは「コピーライティング」の定義そのものを見誤っています。

 

断じて、「コピーライティング」は、
売れる文章の書き方や細かな心理テクニックを意味するもの、
ましてや、「悪魔的〜、魔法の〜、禁断の〜」などといった、
誇大フレーズを用いていくスキルではありません。

 

そんなものは良くて、「ライティングスキル」としか形容できないものであって、
別の解釈で言えば、それらは結局コピーライティングの「一部」でしかないんです。

 

ここで、厳密な『コピーライティング』の定義を言ってしまえば、

 

『コピーライティング』

=ターゲットや読み手となる人間心理の「理解」と「洞察」を徹底した上で、
「文字、言葉、文章」で読み手から然るべき「反応」を獲得していく文章スキル

 

これが本当の『コピーライティング』の定義及びその本質です。

 

本来、『コピーライティング』の役割は読み手を反応させる事にあるので
そんな読み手の心に響かない文章であれば、
まず間違いなく高い反応や確実な成約なんて取れません。

 

・読み手は何に悩み、何を解決したいのか

・読み手は何を欲し、何を望んでいるのか

・読み手は何を好み、何を嫌っているのか

 

この部分が根本的に理解、洞察できていなければ
いくら上手い文章でもまず高い反応は見込めませんし、

 

その心理的な要素が把握できてこそ、
以下、『コピーライティング』における本質的な3つの原則、

 

・読み手はどんな言葉に興味、関心を抱いてくれるのか

・読み手はどんな言葉に共感、信用を示してくれるのか

・読み手はどんな言葉で行動、購入へ駆り立てられるのか

 

上記3つの最大原則もクリアできなくなってしまうからです。

 

そのためにも、まずはターゲットや読み手の「心理」「心情」を徹底的に理解し、
そこに深い理解と洞察を加えた上で文章を書いていく必要があるんですね。

 

ですので、実際に大きな額を稼いでいる方で、
「コピーライティングなんて使わなくても十分稼げる!」と豪語している方々も、
実は気づかぬうちにコピーライティングを使っているという事が言えてしまいます。

 

もしも、コピーライティングを「本当に」使っていない、
すなわち、読み手を商品購入という「反応」へと導く事が出来ていなければ
実質的にそれは稼いでいないという事と同義ですから。

 

結局、コピーライティングの力なしに稼いでいるだなんて戯言は有り得ないわけです。

 

要するに、ネットビジネスやアフィリエイトで大きく稼いでいくためには、
『コピーライティング』こそが最もその命運を大きく分けるものになるという事。

 

故に、その文章スキルをしっかりと身に付けるためにも、
まずは徹底的にそのノウハウを学び尽くしていく必要が出てきます。

 

そこで、その役割をしっかりと果たしてくれるのが今回紹介する、
『The Million Writing(ミリオンライティング)』という教材の出番になるわけです。

実際、The Million Writingってどう?

早速、この『The Million Writing』の詳しい内容部分の評価レビューに入っていきますが、
率直に言って、内容部分のクオリティは普通に最高峰レベルと言って良いです。

 

いかにして、見込み客を0から100への商品成約に導いていくのか。

 

この部分のノウハウやテクニックに関しては本当に申し分ないと断言できます。

 

何故なら、『The Million Writing』の内容やノウハウは全て先程示した、

 

コピーライティング

=ターゲットや読み手となる人間心理の「理解」と「洞察」を徹底した上で
文字や言葉で読み手から然るべき「反応」を獲得していく文章スキル

 

この定義を忠実に守り切った上で、

 

・読み手はどんな言葉に興味、関心を抱いてくれるのか

・読み手はどんな言葉に共感、信用を示してくれるのか

・読み手はどんな言葉で行動、購入へ駆り立てられるのか

 

これらの最大原則をクリアするための濃密なノウハウやテクニック等が、
「総ページ数198Pの約11万文字」の形で綿密な体系化に成功した教材になっているからです。

 

よく巷に見受けられるコピーライティング系の書籍や情報商材なんかは、
ただ表面的なテクニックやノウハウを羅列しただけで、
なぜそれが有効なのかといった根拠が薄いため決して本質部分に迫っていなかったり、

 

もっと酷い場合、文章が主体となるスキルを指南する教材であるにも関わらず、
動画や音声、ちょこっとPDFみたいな形式で、
しかもその内容の質と量も非常に疎かであったり・・・

 

そんなまるでお話にならない、その土俵にすら立てていない商品が乱立する中、
この『The Million Writing』はそれらの低俗な商品とは一線を画しています。

(一線じゃ足りないかも・・・)

 

まぁただ、この内容のクオリティといった部分に関しては、
個人のフィーリングや理解力なども少なからず影響してきますから、
一概に全ての人間におすすめ出来るとは言えませんが、

 

実際に『The Million Writing』のセールスレターの終盤にある、
購入者の声を読むだけでもそのクオリティの高さはある程度伺えるはずです。

以下その一部の声になります。

私は今までライティング教材を
いくつか勉強してきましたが、
ここまで細かい理論から解説して
くださるものは他にありませんでした。

「こういうふうに書けば売れるよ」

だけでなく、

「こういうふうに書くと、
お客さんの心理がどのように動いて、
読まれるようになるのか」

まで深く書いてあるので驚愕しました。

 

・テンポよく説明が進んでいて、読みやすい
・読み手側の目線で考えられているノウハウなので、非常に納得できる
・各章ごとに毎回まとめがあるので、二度読みしている感じがして、理解度が高まっている気がする
・教材のセールスレターと比較しながら解説されたので、とても解り易かった

など感じました。

 

読み始めたら、「かっぱえびせん」。
面白くて、面白くて、6時間前後で読み終えました。

(最後の声は単純に面白かったので載っけました 笑)

 

こんな感じで多数の好評の声が挙がっている事から、
客観的に見ても、ある程度の水準はクリア出来ていると見て良いんじゃないでしょうか。

 

まぁここで紹介した購入者の声も含めて、
他のアフィリエイター達の好評価も捏造やサクラだと言われてしまえばそれまでですが、
そこまで深く疑ってみてもあまり意味はないと思います。

 

だって、この教材の値段が3980円の価格で、
且つ365日の無条件返金保証が付いてるんですから。

 

疑わしきは実際に購入して、
内容に気に入らなければ返金申請すればいいわけです。

 

つまり、金銭的リスク皆無の実質無料で、
『The Million Writing』を手に入れる事が出来るという事ですね。

 

しかも、『The Million Writing』の監修者である、
年収5億円コピーライターさんの添削や代筆以来も以来できるという始末・・・。

 

なんか、いよいよ怪しくなってきましたね 笑

 

ただ、そんなレベルの教材でも無理やり見つけようと思えば、
やはり多少の欠点や穴が出てくるのは事実です。

 

それは、この『The Million Writing』における目的が、
「セールスレターの執筆」をテーマにしている点にあります。

『The Million Writing』単体ではアフィリエイトで稼げない?

私のブログ及びメルマガでは、
一生涯に渡っての経済的成功をコンセプトにしているため、
それを現実的に可能にする情報発信型のアフィリエイトを推奨しています。

 

そこで今回は、その目的達成のために最も必要なスキルであるコピーライティング、
そのスキルを最高水準のクオリティで学べる教材を紹介しているわけですが、

 

ぶっちゃけ、『The Million Writing』単体のノウハウのみで、
0からアフィリエイトで稼いでいく事は難しいかもしれません。

 

先程示したように、この『The Million Writing』自体、
セールスレターの執筆をテーマにコピーライティングを指南している内容であって、

 

全くの初心者がアフィリエイトで稼いでいこうとなれば、
そこにはどうしても文章の執筆に先立つマーケティング的な手順や、
細かい仕組みや導線の構築などのプロセスを踏んでいかなければならないからです。

 

どんなに絶世の超絶イケメン、類い稀な美貌を持つ美女だとしても
無人島にポツンと一人でいてはモテるものもモテませんよね? 笑

 

まずは多くの人がいる環境にいなければ何も始まりません。

 

それと同じで、実際にアフィリエイトで稼いでいくためには、
セールスレター向けの『The Million Writing』のノウハウを、
集客やオプトインなどをクリアした形で、
アフィリエイト向けに応用、昇華させる必要が出てくるわけです。

 

ですので、誤解を恐れず正直に言ってしまえば、

 

初心者には『The Million Writing』単体で稼いでいく事は難しい。

 

残念ながらこのように言えてしまいます。

 

ただし・・・

 

実は『The Million Writing』を購入するとそれに付属した形で提供される、
「シークレット特典」なるものが上記の致命的なデメリットを解決してくれるんです。

 

しかもこの特典の詳細をセールスレター内で書いちゃえば、
ただでさえ高い成約率が爆発的に上がるんじゃないかってくらいの形で・・・。

 

ただ、シークレット(秘密)とあるように、
その内容をここで暴露してしまうと営業妨害になってしまいますので、
残念ながらここで詳しくは言えませんが、

 

この「シークレット特典」は間違いなく、
0からアフィリエイトに挑戦しようと考えている初心者の方であっても、

 

十分に『The Million Writing』の圧倒的なポテンシャルを限界まで引き出せる、
非常にクオリティの高い内容になっている事だけは約束しますよ。

 

ですので、『The Million Writing』単体では不十分でも、
それに付属したシークレット特典を合わせた、

 

『The Million Writing』+「シークレット特典」の教材一式をしっかりと実践すれば、
誰でもアフィリエイトで月収100万程度の結果は普通に残していけると思います。

 

(あくまで「しっかりと実践すれば」の話ですけど・・・)

以上、これまでの内容を一旦ここでまとめてしまうと、

 

・最高水準のクオリティ

・総ページ数198Pの約11万文字

・365日間の無条件全額保証

・破格の3980円

・年収5億円のコピーライターによる添削と代筆依頼

・シークレット特典

 

これらが『The Million Writing』の主な特徴に当たるわけですが、
もうこの時点で、怪しさMAXだと思いません?

 

だって、無条件保証つきの3980円という低価格で、
これだけの圧倒的なサービスを提供してくれるとか、
そんなオイシイ話がそうそうあるわけないじゃないですか 笑

(タダより高いものはないとか言いますし・・・)

 

何故、そんな驚異的なクオリティを誇る教材を
上記で示した好条件で提供できるのか。

 

どんな目的で『The Million Writing』を販売しているのか。

 

販売者はどこから利益を獲得しようとしているのか。

 

おそらく、そういった裏の事情的な話が気になられると思いますので、
私なりの独自の解釈を交えた形で、
彼らの目的がどんなものなのかをお話していきたいと思います。

誰も言いたがらない『The Million Writing』の裏側

そもそも、この教材「The Million Writing」の販売者である宇崎恵吾さんと、
彼の師匠&監修者である年収5億円コピーライターさんについてですが、

 

彼らにとってみれば、
この「The Million Writing」によって獲得する利益は、
本当にごくごくわずかなものにすぎません。

 

下手すれば、大赤字と言ってもいいかもしれませんね。

 

というのも、彼ら2人がこの教材販売で得る事になる取り分は、
教材価格3980円からアフィリエイター報酬や、
ASP決済手数料などが引かれた額であり、

 

更に、365日の無条件全額返金という保証を設けているので、
どう考えてもそこからだけで大きな利益は見込めないからです。

 

また、何より2人とも既にコピーライターとして「億」を稼いでるっぽいわけですから、
彼らにとっては何十万、何百万の利益や損失なんか雀の涙程にしか感じられないと思います 笑

 

むしろ、そのままコピーライターとして暗躍していれば、
それはそれで安定した未来が約束されてると言っても良いかもしれません。

 

では、なぜ彼らは大幅な赤字を覚悟してまで、
「The Million Writing」をわざわざ販売しているのか?

 

それは、

 

その行為こそが自分達に長期的かつ莫大な「利」をもたらすと確信しているからです。

 

そう言える根拠は2つ。

 

1.「The Million Writing」の後に紹介する、
バックエンド商品を用意している事。

 

そして2つ目は、

 

2.「理想的なマーケティング網」が現実に成立している事。

 

その他にも、彼ら自身の思想や根本的な考え方も関係しているらしいのですが、
客観的に断言できる根拠としてはこの2つが主なものですね。

1.「The Million Writing」の後に紹介する、
バックエンド商品を用意している事。

まず、1つ目に関してですが、
これは『Copyrighting Affiliate Program』といった上位教材や、
「Copyrighting Archive」といった高額のコンサル企画が購入後に紹介されているので、

 

「The Million Writing」という教材は、
いわゆるバックエンド商法のための教材であるという位置付けが出来ます。

 

「この商品が気に入った方にはこんな商品もありますよ!」

 

という風に更なる利益を狙っていくわけですね。

 

ですが、やはり彼ら2人にとっては、
ここから得られる利益も微々たるものです。

 

『Copyrighting Affiliate Program』→月額9800円

(アフィリエイター報酬、ASP決済手数料の関係から実質取り分は数百円くらい)

 

「Copyrighting Archive」→高額すぎて極少数の人にしか購入されない

 

こういった事実があるため、
バックエンド商法での大きな利益獲得は一番の目的ではありません。

 

その真の目的は以下2つ目の根拠に集約されます。

2.「理想的なマーケティング網」が現実に成立している事。

このバックエンド商法の真の狙いは、
彼らの優秀なビジネスパートナーとなる人間の「選別」と、
その「育成」による利益の追求にあります。

 

その証拠に、バックエンドで紹介される商品を購入して、
実際に結果を残したアフィリエイター達が、
率先して「The Million Writing」や彼ら2人の手がける商品を推奨しています。

 

具体的には、AさんとかIさんとかGさんとかTさんとかOさんとか・・・笑

(あ、あと私もか 笑)

 

そういった取り巻きアフィリエイターの達によるマーケティング網が広がっていけば、
最終的に大きな「利」を獲得する事になるのは誰だと思いますか?

 

もちろん、彼ら2人ですね。

 

だって、自分らの手掛ける商品が、
「選別」と「育成」を経た弟子達のお陰でどんどん売れていくわけですから。

 

要するに、「The Million Writing」を皮切りにしたバックエンド商品を用いていく事で、
彼らのビジネスパートナーとなる存在の「選別」や「育成」を成功させる事によって、
更なる利益を獲得していくという事が真の狙いなわけです。

 

ただ、注意点としてこのマーケティング戦略は全ての人に利得やメリット、
最悪、誰も損をしてはならないという部分が一番のポイントになります。

 

損をする人達が出てきた時点で、
彼ら2人及び信者アフィリエイター達?の利益は、
一瞬でストップしてしまう可能性が高くなるからです。

 

「The Million Writing」が糞ゴミ教材であるという多数の酷評が出回ってしまえば、
「選別」も「育成」もできないわけですから、その時点で試合終了ですよね。

 

つまり、彼ら2人の利益を最大化させていくためには、
最初の『The Million Writing』という教材を、
非の打ち所がない完璧なレベルで仕上げる必要があるという事です。

 

ですので、『The Million Writing』には、
そういった目的もあって、

 

・最高水準のクオリティ

・総ページ数198Pの約11万文字

・365日間の無条件全額保証

・破格の3980円

・年収5億円のコピーライターによる添削と代筆依頼

・シークレット特典

 

これらのメリットを享受できるように一般販売されているわけですね。

あなたはどちらの世界を選びますか?

まぁ、こういった裏側の事情や販売目的の捉え方は人それぞれだと思いますが、
少なくとも「The Million Writing」が素晴らしい教材であるという事実に変わりはありません。

 

これは実際に手にとって読んで頂ければ、
ここでお話した以上に体感レベルで感じると思います。

 

これは何も、私自身が彼ら2人の信者という理由だけで
『The Million Writing』を推奨しているわけではなく、
ただ単純にこの教材の内容が理論、ロジック的に優れているから推奨しているだけです。

 

例えば、1+1=2という数式。

 

これって100%反論できますか?

 

それと同じで、『The Million Writing』の内容は多くの読み手を反応させる、
普遍的な人間心理に沿った絶対的なノウハウしか紹介されてないので、
それにケチをつけるとか酷評するとかはやりたくても出来ないわけです。

 

まぁ実際にそういった事をしてる人達もいますけど、
その大半は自分達の利益の消失を恐れる同業者による誹謗中傷か、
もしくは豚に真珠と言って良いレベルでビジネスセンスのない人間によるものですね。

 

勿論、最後はあなた自身がどう感じるかが全てですけど、
文章が主体となってくるネットビジネスやアフィリエイトで稼いでいきたいなら、
この教材はきっとあなたの予想を良い意味で大きく裏切ってくれるはずです。

 

ですので、この『The Million Writing』を手にしない事は、
あなたにとって大きな損失にしかならないという事だけはお伝えしておきます。

 

仮に以下2つのケース、

 

『The Million Writing』の絶対的なノウハウを知らない状態で文章を書く場合。

『The Million Writing』の絶対的なノウハウを吸収し尽くした状態で文章を書く場合。

 

この2つの内、前者は成約率1%、後者は成約率2%、
この条件で報酬額1万円の商品を1日100アクセスに対して紹介し続けるとすると
長期的に見ればそこには圧倒的な差が生まれてしまうからです。

 

前者→1万円×100アクセス×1%=日給1万円 (月収30万円)

後者→1万円×100アクセス×2%=日給2万円(月収60万円)

 

ここでは1%,2%と低く見積もりましたが、
継続的にコピーライティングの鍛錬を積んでいく事によって
更にこの成約率が5%、10%と増えていけばどうなるでしょうか・・・

(最高で60%とか化け物じみた事例を知ってます 笑)

 

その収入の差は、時が経てば経つほど顕著に現れるはずですし、
それはまたあなた自身の未来にも大きく影響してくると思います。

 

やっぱり、お金で満たせる事ってたくさんありますからね。

 

自分の夢や理想を我慢して、欲望を欲望のままで終わらせる人生か。

それとも、自分の夢や理想、欲望を「希望」に変えていく人生か。

 

あなたはどちらの世界を選びますか?

 

少々大げさな感じですが、本当にコピーライティング一つで人生いくらでも変わりますし、
そんな人生を一変させるきっかけになるかもしれない教材が、
少し高いかなくらいの書籍の値段だと思えば十分安すぎる買い物だと思います。

 

(最悪、返金して実施無料で手にすればいいだけですし・・・ 笑)

 

是非、この教材をあなたの望む世界を実現させる第一歩の礎にしていって下さい。

購入者限定特典1
『Writing of Grammar』

このブログ経由で『The Million Writing』をご購入頂いた方限定で
私から特典なるものをプレゼントさせて頂きます。

 

題して、

 

『Writing of Grammar』
〜文法とコピーライティング〜(強化版マニュアル)

 

 

タイトルからある程度は推測できるかと思いますが、
この特典自体の内容は主に「文法」を題材としたものになります。

 

「今更、文法なんて・・・」と思われるかもしれませんが、
実質的に本特典の内容が『The Million Writing』と深い関連性があるのは事実です。

 

これはそもそも「文法」というものが
「コピーライティング」と密接に関わっているから
という理論的な理由もあるのですが、

 

何より大きいのは、本特典の内容自体が
『The Million Writing』の作者と監修者、

 

つまり、宇崎恵吾さんと例の年収5億円コピーライターさん、
彼ら2人の共催セミナー「Writing of Grammar」に基づいたものになっているからです。

 

言ってしまえば、その文法セミナーの内容を
本特典で徹底的に強化、体系化させて頂いたというわけですね。

 

ちなみにこのセミナーの客観的な情報に関しては、

 

・今後、再び開催される予定は考えていない

・セミナー参加費は別企画の金額

・6時間超に渡って行われたセミナー

 

このようなセミナーの特徴から、
必然的に本特典における価値や希少性の高さについても
ある程度は推測できるはずです。

 

では早速、ここで本特典の概要をお伝えさせて頂きます。

限定特典『Writing of Grammar』の概要

正しい「文法」に従った文章を書かねばならない最大の理由とは?

・下手に細かなテクニックを学んでいくよりも
「文法」のみを意識するだけであなたの文章が劇的に進化する理由とは?

・「文法」と「コピーライティング」
切っても切り離せない両者の重要な関係性とは?

・「文法」によって大きく左右されてしまう文章の2大要素とは?

・『The Million Writing』では一切語られていない
代表的な3つの壁に先立つ「裏側の3つの壁」とは?

・多くの人が間違って捉えている
「信用、尊敬(ブランディング)のスタートライン」とは?

延べ2000人以上が大きく反応を落としていた12個の「文法ポイント」とは?

・文章の主体である「主語」における2つのポイントとは?

・「主語」と一心同体の関係をなす「述語」における2つのポイントと唯一の注意点とは?

・疎かにされがちな「助詞」における3つのポイントとは?

客観的に文章を捉え直し更なる向上を図る2つのアプローチとは?

・多くの人が意識していない「接続助詞」における2つのポイントとは?

・文章の流れを大きく左右する「接続詞」における3つのポイントとは?

・無意識的に捉えがちな「指示語(代名詞)」における3つの原則と唯一の注意点とは?

・意識するか否かで圧倒的な差が出てしまう「改行」における2つのポイントとは?

・多くの人が軽んじているであろう「句読点」における7つの基本原則とは?

・コピーライティングに特化した23個の「開かないべき漢字リスト」とは?

・全ての文章に対して絶対に意識すべき「関連性」の向上における4つのアプローチとは?

・意識の低い読み手を前のめりにする3つの適切な「前置き」の要素とは?

・文章の内容自体とは全くの無関係にも関わらず
その「臨場感」を左右する「語尾」における3つの改善策とは?

最短最速でコピーライティングスキルを向上させる唯一にして最強の方法とは?

・・・これらが本特典の簡単な概要になります。

 

簡潔にまとめただけでもこれだけの数になってしまったので、
実際のマニュアルの質は相当のものだと思って頂いても結構です 笑

 

正直言って、『The Million Writing』のポテンシャルを、
限界まで引き上げられる教材としてこれ以上のものはないかと・・・

 

最強のコピーライティング教材『The Million Writing』は、
それに先立つ文法教材『Writing of Grammar』で真に完成する。

 

そう断言できる程の完成度を誇っていると思いますので、
是非、本特典を兼ねてコピーの本質を骨の髄まで堪能してみて下さい。

 

それでは、心よりあなたのご参加をお待ちしております!

 

『The Million Writing』