岡田です。

今回は『ユーザー目線ライティング』という教材のレビューになります。

最近販売されたばかりの教材ですが「ライティング」に焦点を当てた内容ですので、
ライティング馬鹿にある立場として若干厳しめに評価していきますね 笑

『ユーザー目線ライティング』

販売者:小川善太郎

販売URL:https://tarosan01.com/lp/ymw/

内容は本質的だけど・・・
ユーザー目線ライティング 評価レビュー

まずこの『ユーザー目線ライティング』という教材における、
その核心部分に当たる内容を言ってしまうと、

 

『ユーザー目線ライティング』

=Google検索エンジン経由のユーザー心理に沿ったライティング教材

 

といった風に、ブログやサイトに訪れた読み手、
ユーザーに対してどう反応を狙っていくか、
いかにしてユーザーに「ウケる」文章を書いていくかといった内容になっています。

 

ですので、この『ユーザー目線ライティング』は、
闇雲に細かな文章技術や心理テクニックなどを学ぶものではなく、

 

常に読み手(検索ユーザー)の気持ちを最優先とした上で、
そこに必要になる技術を学んでいくといった教材になります。

 

その意味で『「ユーザー目線」ライティング』という教材名だと思うのですが、
この「読み手目線」という着眼点は、非常に素晴らしいと思います。

 

下手に最初からテクニックを学んでいくよりも、
まずは地に足をつけて、しっかりと読み手目線の文章の重要性を認識していった方が、
それ以降に学ぶテクニックの有効性も効率的に活用できるからです。

 

究極的に言ってしまえば、読み手の気持ちを本当の意味で理解できていれば、
そこから打ち出されていく文章全てが読み手の心に響くはずですので、

 

コピーライティングの細かなテクニックになんて一切知らなくても、
十分に稼げる文章を書けるようになっていく事になります。

 

現に一流コピーライター達も、

 

「見込み客の気持ちを理解する事が全て」

 

と口を揃えて言っていますからね。

 

(それが最初から出来たら苦労しないので、
まずは何らかの教材でインプットを図っていく事をお勧めしていますが・・・)

 

それくらい読み手の気持ちを意識していく事、
それを常に意識しながら文章を書いていく事は、
文章一本で稼いでいくために非常に重要なんです。

 

ですので、この『ユーザー目線ライティング』の根本的なスタンスである、
「検索ユーザー目線」という姿勢には素直に100%共感出来ますね。

 

インターネットで稼ぐための文章においては、
極めて本質的な核心を突いていますので。

本質的なコンセプトの割にはノウハウが・・・

ただ、その基本的なスタンス部分は十分なんですが、
個人的には肝心の内容のクオリティ部分が、
「ちょっと微妙かなぁ・・・」という感じなんです。

 

その『ユーザー目線ライティング』の全体的な構成としては、

■本編

第1章:ユーザー目線とは?
第2章:ライティングの原則
第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法
第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考
第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法

■プラスα編

追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?
追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~

 

といった風に構成されているんですが、
その肝心の「ユーザー目線の文章を書く」ための、
具体的な術となるノウハウ部分が非常に薄いと感じてしまいました。

 

まぁ確かにこの教材自体、読み手から積極的に反応を狙っていく、
「コピーライティング」というスキルではなくて、

 

忠実に読み手に寄り添い可能な限り大きく反応を落とさない、
「(WEB)ライティング」系の教材ですので、
あえて実践的なテクニックに重点を置いていないのは理解出来ます。

(・コピーライティングとライティングの違い。まずはどちらが必須?)

 

ですが、やはり最終的には読み手目線の重視という、
客観的、俯瞰的な視点を実際に文章に起こしていかなければ意味がないと思いますので、

 

しっかりとそのための術を体系化した内容でないと、
教材としての真価は十分に発揮されないはずです。

 

要するに、

 

「読み手目線の文章を書くことが大事なんだぁ・・・」
で終わってしまっている内容という事ですね。

 

しかも、この『ユーザー目線ライティング』の講義形式って、
PDFなどの文章形式ではなく、
約3時間程度の動画形式が媒体の教材ですので、
ここも大きなマイナスポイントになりますね。

 

「文章のノウハウを解説する教材なんだからせめて文章で勝負しろよ・・・」
と思ってしまうのは私だけではないはずです。

 

文字形式よりも動画や音声形式の方が作りやすいというのは確かに分かるんですが、
ライティング教材を謳う以上、この行為は「逃げた」と見なされてしまっても仕方ありません。

 

動画や音声形式は、文字形式よりも内容の構成の順序立てや
ノウハウの体系化の必要性が低いため販売者側からは手軽なものの、

 

購入者側からすれば、内容の復習や反復の際には、
やはり文字形式の方が圧倒的に効率が良いですからね。

 

よって、以上の点を簡単にまとめてしまうと、

 

『ユーザー目線ライティング』

=「Google検索エンジン経由のユーザー心理に沿ったライティング教材」

 

といった本質的なコンセプトに対して

 

その肝心となるノウハウのクオリティ部分が、

 

・本質的なコンセプトの割に具体的なノウハウが非常に手薄

・ライティング教材にも関わらず文字ではなく動画形式

 

この2点が『ユーザー目線ライティング』の最大の弱点になります。

 

しっかりと文章に起こして、内容のクオリティも更に研ぎ澄ましたものであれば、
結構化けると思う教材なんですが、それだけに悔やまれますね・・・。

 

もしこの教材のような「(WEB)ライティング」関係のノウハウが学びたいのであれば、
やはりこちらの教材が最もそのニーズを満たす事が出来ると思います。

『文才ゼロから始めるWeb記事執筆術(才ゼロ)』

 

この教材は『ユーザー目線ライティング』が目指していた、
読み手目線の文章作成という点を非常に詳しく解説している上に、

 

その特典の方も合わせて頂ければ「(WEB)ライティング」の力だけでなく
「コピーライティング」のスキル向上にまで繋がりますので、
まさに一石二鳥と言える教材です。

 

・『ユーザー目線ライティング』の内容が気になっている

・自分には「コピーライティング」は少し敷居が高いと思う

・読み手の気持ちに忠実な文章をスラスラと書けるようになりたい

 

こういった方のニーズ解決には非常にピッタリだと思いますので、
是非一度手に取ってみて下さい。

 

少なくとも『ユーザー目線ライティング』よりは、
圧倒的なコスパを誇っていると思いますので。

『文才ゼロから始めるWeb記事執筆術(才ゼロ)』

 

以上、『ユーザー目線ライティング』の評価レビューでした。

何か参考になれば幸いです

岡田

ブログ講座一覧

NB.GYM〜メルマガ限定クラブ〜

ネットビジネスの「真髄」と「本質」を徹底追求した一流ノウハウ。

その全てを踏み台にして最短最速で銀行口座の残高を8桁、
最終的には「億」単位の数字で埋め尽くす。

その秘密の全貌を「完全無料&豪華7大プレゼント付き」で知りたいあなたへ・・・

意識レベルが高い人だけにお届けしていきたいという私個人の考えから、
ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを、
私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

また、ブログで公開している情報はその特性上、
知識の体系化には多少の難があるかと思いますので、
そういった効率的な解決策としてでも本講座は非常に有意義なものになるはずです。

 

少なくともあなたには1ミリたりとも損は感じさせない
「量」も「質」もある内容になっていると自負しています。

 

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますので是非ご登録下さい。

それではメルマガにてお会いしましょう!

完全無料&豪華7大プレゼント付きでの登録はこちら