岡田です。

今回は「Facebookマーケティングがアフィリエイトに使えない理由と解決策」についてお話ししていきます。

 

私のブログ及びメルマガではGoogle検索エンジン集客を大原則とした上で、SNSで更にアクセスをかき集めたい人に対しては以下二つのSNSを推奨しています。

・Twitter

・YouTube

 

これら2つはブログへの集客やメルマガのDRMでの成果に対しての労力&費用対効果が非常に高い事からおすすめしているわけですが、Facebookに関してはあまりお勧めしていません。

 

はっきり言って、稼ぐという視点の上でのFacebookにはそこまでの魅力が感じられないからです。

(特にゼロからの初心者にとってはなおさら。)

 

ですので、今回はそのFacebookがアフィリエイトやマーケティングに使えない理由について詳しく解説していきながら、どんな人にFacebookマーケティングが使える余地があるのかといったところまで追求していきます。

それでは早速いってみましょう!

Facebookマーケティングがアフィリエイトに使えない理由

確かにFacebookというSNSは約3000万人といった莫大な利用者数を誇っていますし、1人1アカウント且つ実名登録が原則なので比較的質の高いリストが手に入りやすいという利点は存在します。

 

ですが、Facebookにはそれ以上のデメリットがあると考えているため推奨していません。

その理由は主に2つです。

 

1.根本的にFacebookは「閉鎖的,クローズド」な性質のSNSだから

2.ゼロからFacebookで集客を図っていくには難易度が高いから

1.根本的にFacebookは「閉鎖的,クローズド」な性質のSNSだから

これはSNS全般に当てはまるのですが、特にFacebookの場合においてはこの傾向は顕著です。

 

そもそものFacebookの理念が「人々との繋がりを強める」というものなので仕方ないのですが、基本的にFacebookはGoogle検索エンジン経由でアクセスを拾う事が出来ません。

 

TwitterやYouTubeであればそれ単体だけでなくGoogle経由からもアクセスを獲得できる余地があったのですが、Facebookではそれが実質的に不可能であるため、Facebook内だけで「友達」や「知り合い」を作っていかなければなりません。

 

「別にその程度なら・・・」と思うかもしれませんが、どんなサイトであれやはり最初はGoogle検索エンジンを経た上で訪れるはずですから、この要素が実質的に「ない」というのは相当な痛手なんです。

 

Facebookも含めたSNSの利用者数なんてGoogle検索エンジンのユーザ数に比べればたかが知れていますし、

何よりGoogle検索エンジンはキーワードありきのサービスですので、本来獲得出来たはずの確固とした目的を持った購買意欲の高い見込み客となる人達の集客元をFacebookではほぼ完全に封じられる事になってしまうのは大きな損害と言わざるを得ません。

 

ただ、ここで話した部分はあくまでFacebookの「個人ページ」における話であって、
「Facebookページ」というサービスを使えばこのGoogle検索エンジンの問題点は完全に解決する事が出来ます。

 

「え、じゃあ使えそうじゃん!」となりそうなんですが、残念ながらこれは2つ目の理由によって見事に打ち砕かれます 笑

2.ゼロからFacebookで集客を図っていくには難易度が高いから

Google検索エンジンの評価外である「閉鎖的,クローズド」なFacebook。

 

そのため、Facebookをマーケティングに活用するならまずはその元となる「友達」や「知り合い」をFacebook内だけでどんどん作っていかなければなりません。

 

そして、更にそこからあなたの作ったページをその「友達」や「知り合い」達に「いいね!」や「シェア」をしてもらう事でその情報が拡散されるていく必要が出てきます。

Facebookでは、既存の友達の友達などに対して情報を拡散させていく事で初めて実質的な集客効果が望めるからです。

 

つまり、Facebookをマーケティングや集客に活用していくためには

・まず自分の「友達」や「知り合い」になってくれる人達を獲得していく事

・その上で「いいね!」や「シェア」をしてもらえるような情報を発信していく事

 

この2つを上手く成功させてこそ口コミなどによる情報の拡散といったバイラルマーケティングが可能になり、ここで初めて新規見込み客の獲得に繋がっていくわけです。

(これは「個人ページ」と「Facebookページ」でも同じ事ですね。)

 

これ、完全にゼロからの初心者だったら結構ハードル高いと思いませんか?

 

友達や知り合いの数がゼロであれば地道にそこからその数を増やしていく事になるわけですが、もうこの時点で見込み客に理想的である属性のフラットな人間を獲得していく事はほぼ不可能になります。

本当にゼロの状態であれば、自分のページを訪れてくれる人間など誰一人いるはずがないからです。

 

やはりどんなSNSマーケティングであれ最終的な目的は収益化ですから、効率的に集客していくためにも集める人間はフラット、つまり購買意欲が高くなる余地がある人間であった方が理想的であるに決まってます。

 

また仮にこの第一ステップをクリアしたとしても、次はその「友達」に対して「いいね!」や「シェア」をしてもらうような情報を発信していかなければなりません。

 

これって何もない完全ゼロの初心者にとっては結構キツくないですか?

だって、「いいね!」「シェア」をしてもらえるような価値ある情報発信をしていかなければならないんですよ?

 

「ブログでの価値ある情報発信と同じでしょ?」と一見考えられがちですが、ブログの場合はキーワード検索を主体とするGoogle検索エンジン集客であったのに対して、Facebookでの価値ある情報発信はキーワード集客を前提としていません。

 

つまり、ブログでの情報発信は自らのニーズの解決を目的としてキーワードを入力した上で集客される購買意欲の高い見込み客をターゲットに出来るのですから、Facebookと比べてその難易度はかなり低いはずです。

(しかもFacebookはフラットな見込み客を獲得しずらいんでしたね。)

 

よって、Facebookでは以下の2点、

・まず自分の「友達」や「知り合い」になってくれる人達を獲得していく事

・その上で「いいね!」や「シェア」をしてもらえるような情報を発信していく事

 

この要素が初心者にとって難しく感じれれるため、ゼロからFacebookで稼いでいくといった人には推奨できないという事です。

Facebookマーケティングを有効に活用するには?

ただ、一概にFacebookは使えないとするのは早計だと思います。

先ほどの説明はあくまでゼロの状態からFacebookを集客に活用していく場合の話ですので、そうでないケースであればFacebookを有効にマーケティングとして機能させる事も十分可能だからです。

 

つまり、ゼロの状態からFacebookを利用していくような馬鹿な真似さえしなければいいんです。

 

ですので、Facebookを言う活用していく方法、
というか有効活用できる状態にある人は

 

「ある程度のアクセスが獲得可能な集客力のあるメディア媒体を持っている状態」

これがFacebookを満足に活用出来る状態になります。

 

この条件に当てはまらない人は基本的にFacebookをマーケティングに組み込むことは避けた方が得策ですね。

 

何故なら、Facebookはゼロから集客網を構築していくよりも既存のブログで集めたアクセスを更に拡散,爆発させていく事に長けているからです。

 

そもそもFacebookは、

・まず自分の「友達」や「知り合い」になってくれる人達を獲得していく事

・その上で「いいね!」や「シェア」をしてもらえるような情報を発信していく事

 

この2つ目の段階をクリアしてこそ「友達の友達やまたその友達の…」などによる口コミなどの情報拡散といったバイラルマーケティングを可能させるのが主な特徴でした。

 

そう考えれば、この連鎖的な口コミの拡散であるバイラル現象を効率的且つ意図的に発生させるには

「ある程度のアクセスが獲得可能な集客力のあるメディア媒体を持っている状態」の方が容易に達成できると思いませんか?

 

だって、すでにブログなどのメディアに集まっている質の高いアクセスをFacebookに流し込めば、簡単にそのアクセスの友達の友達の…..まで情報が拡散されるはずです。

少なくともゼロからやるよりはよっぽど効率的な手法だと思います。

 

ですので、Facebookをマーケティングに利用する際は、TwitterやYouTubeのようにゼロから先立つ集客の「入り口」にしていくのではなく、Facebookはあくまである程度の集客力のある媒体との連携による相乗効果を狙った「出口」の集客に用いていくようにして下さい。

 

その目的達成のためにもまずは

「ある程度のアクセスが獲得可能な集客力のあるメディア媒体を持っている状態」

この状態を実現できるレベルにまで持っていく必要があるという事ですね。

それでも私がFacebookを利用しない個人的な理由

色々話してきましたが、結局Facebookは一応使えるSNSである事には変わりはありません。

その使用条件がTwitterやYouTubeよりも敷居が高いといっただけの理由で推奨していないというだけの事だったんです。

 

ただ、それでも私はいくら集客力のあるメディアがあったとしても今後Facebookを利用する事はないと思います。

 

それはFacebookの根本的な性質が「人と人との交流や繋がり」に重点が置かれているからです。

単純にそれをビジネスやお金儲けに繋げていく事に何か抵抗があるんですよね。

 

まぁ基本的にFacebookに限らずSNS全般のユーザーって親密な交流を大事にしているはずです。

皆が共感できる楽しくて面白い話題で盛り上がるみたいな 笑

 

ですので、私のようなお金儲けに繋がるダーク?な内容丸出しの情報発信をFacebookでしていけば、まぁ高い確率で多くのユーザーから「いいね!」や「シェア」を頂く事は難しいと思います。

(TwitterやYouTubeはそういうものに免疫を持たないユーザーが多い傾向にありますが・・・)

 

そういった理由もあって私はFacebookをマーケティング戦略に組み込んでいく事に抵抗があるわけですが、ビジネス系の情報商材などを扱っている人がFacebookで稼いでいる事実から実はお金儲け系のジャンルでもイケる事はイケるんです。

 

ただ、その場合ある意味「ダサい」やり方をしなければなりません。

 

それは「自らの豪遊生活を満喫している風景をアップしまくること」です。

こうすることでお金儲け系の臭いは薄れていくため、結果的にはそういった甘い情報に弱い人達から多くの「いいね!」や「シェア」を獲得していくわけです。

 

ただ、私はここまでしてお金を得たいわけではないので結果的にFacebookはやっていません。

 

まぁ人それぞれの感性の問題だとは思いますが、豪遊生活をやたらにアップすることでしか稼げない人間なんて自分のおもちゃを友達に自慢する未熟な幼児のような存在に等しいと思いますので、ぶっちゃけダサいとしか思えませんね。

 

実際にこういうことやっている人って結構いますので、気になられたのであれば是非見に行ってみてください 笑

以上、「Facebookマーケティングがアフィリエイトに使えない理由と解決策」でした。

何はともあれ、Facebookマーケティングを活用したいならまずはGoogle検索エンジン集客を極めてからにしましょうという事ですね。

 

何か参考になれば幸いです。

岡田

NB.GYM〜メルマガ限定クラブ〜

ネットビジネスの「真髄」と「本質」を徹底追求した一流ノウハウ。

その全てを踏み台にして最短最速で銀行口座の残高を8桁、
最終的には「億」単位の数字で埋め尽くす。

その秘密の全貌を「完全無料&豪華7大プレゼント付き」で知りたいあなたへ・・・

意識レベルが高い人だけにお届けしていきたいという私個人の考えから、
ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを、
私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

また、ブログで公開している情報はその特性上、
知識の体系化には多少の難があるかと思いますので、
そういった効率的な解決策としてでも本講座は非常に有意義なものになるはずです。

 

少なくともあなたには1ミリたりとも損は感じさせない
「量」も「質」もある内容になっていると自負しています。

 

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますので是非ご登録下さい。

それではメルマガにてお会いしましょう!

完全無料&豪華7大プレゼント付きでの登録はこちら