岡田です。

今回は「ブログテンプレートがなぜSEO対策、上位表示に必須の要素なのか」
についての講義です。

 

ブログテンプレートとは、
ブログの構成や型,デザインなどを決定するツールを意味しますが

このブログテンプレートという部分をテキトーに選択してしまうと
思わぬ損害を被ってしまう危険性が存在するんです。

 

ですので、これからその理由や正しいブログテンプレートの選び方、
どうそれを生かしてSEO対策の最終的な目的である
上位表示を勝ち取っていくかについて解説していきます。

 

(今回は主に無料ブログではなく
私の推奨するwordpressというサービスを前提にしています。)

それでは早速いってみましょう!

ブログテンプレートってなぜSEO対策に必須なの?

ブログテンプレート・・・

この主な例を挙げてみれば以下のようなものが
その代表例なんじゃないかと思います。

 

・Stinger(無料)

・Simplicity(無料)

・Xerox Base(無料)

・賢威(有料)

・AFFINGER(有料)

・ハミングバード(有料)

 

主に6つのブログテンプレートを列挙させて頂きましたが、
実はこれら6つのどれを選ぶかによって
Googleによるブログの評価が大きく変化してくるんです。

 

つまり、ブログテンプレート次第でSEO対策の影響、
上位表示の結果に直結してくるという事ですね。

 

というのも、そもそもGoogleがどのブログを上位表示させていくかの決定手段として
「クローラー」と呼ばれる人工知能並みの高性能プログラムを用いており、

 

その「クローラー」にとってブログ情報を読み取る際に判断しているものは、
文章の内容自体ではなく「ソースコード」と呼ばれるものを読み取っていく事で
上位表示するかどうかへの手掛かりや指標にしているからです。

 

例えば、FC2という無料ブログサービスにおける
一部分の「ソースコード」は以下のようになっています。

<meta charset=”utf-8″>
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>
<title><!–not_index_area–><%sub_title> – <!–/not_index_area–><%blog_name></title>
<!–index_area–><meta name=”description” content=”<%introduction>” /><!–/index_area–>

次は、私のブログ(賢威)の「ソースコード」です。

<title><?php title_keni(); ?></title>
<meta charset=”UTF-8″>
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>
<?php if (the_keni(‘mobile_layout’) == “y”) { ?><meta name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1.0″><?php } ?>

こんな感じで素人にはさっぱりであろう「ソースコード」と呼ばれるものを
Google特製の「クローラー」が読み取って、どのブログが良いか悪いかを判断しているんです。

 

要するに、キーワード選定や価値のある有益なコンテンツ作成をどんなに一生懸命頑張ったところで
この「ソースコード」がGoogleの「クローラー」に好まれるようなものでなければ、
そのブログはSEO的に不利であるため、高い確率での上位表示は望めないという事ですね。

コピーライティングとブログテンプレート

さらに、私の推奨する『情報商材アフィリエイト×DRM×コピーライティング』
といったアフィリエイト手法においてはなおさらこの「ソースコード」が命取りとなってきます。

 

この手法では主にコピーライティングという文章スキルが大きな鍵となるため、
そのスキルの効果を最大限にまで高めるためには
クローラーに好まれる綺麗な「ソースコード」である必要があるからです。

 

極端に言えば、どんなにコピーライティングスキルが超人的でもブログの「ソースコード」がクローラーにとって汚すぎれば上位表示はまず無理ですからね。

 

ちなみになぜ、そもそもこのコピーライティングというスキルが
SEO対策,上位表示獲得のためにそこまで大事になってくるのかというと、

 

それは、Googleの根本的な目的である「価値のあるコンテンツをユーザーに届ける」
といった理念と、コピーライティングの「文章で人を反応させる」
という目的が両者2つ共ベストマッチしているからに他ならないからです。

 

基本的にGoogle検索エンジンは、
その基本理念からブログ訪問者の評価や満足度を最優先としており
Googleがその際に参考としている指標として

 

・ブログ訪問者の滞在時間

・ブログ訪問者のベージ閲覧数

 

これらを基準としてブログを上位表示するか否かを決定しています。

 

本当に訪問者にとって価値あるコンテンツであれば
上記2つの数値は自ずと高くなるはずだからです。

 

価値ある有益なコンテンツであれば訪問者側は
「もっとこの人のブログを読んでみたい!」という感情を抱くというわけですね。

 

そして、この滞在時間と閲覧数を伸ばしていくのが
文章で人を反応させるコピーライティングスキルの役割だというわけです。

 

コピーライティングのスキルが高ければ、
訪問者を釘付けにし次々とブログ内を巡回させていく文章を生み出す事が可能になるからです。

 

更に、Google側もかなりのレベルで超高性能の「クローラー」開発に力を入れていますから、
今後10年20年と時を経るうちに上位表示にふさわしいブログを
より正確な精度で判定していくことが可能になる可能性が非常に高いと思います。

 

よって、従来まで有効とされていた小手先のSEO対策、
外部から多くのリンク獲得するための被リンク対策などはますます鳴りを潜め、

 

Googleによるコンテンツのクオリティ重視という考え方は
今後更に強まっていくと予測されますので、

 

一生廃れることのない不変的な性質を持つ
このコピーライティングというスキルは
今後更にその価値を高めていくはずです。

 

(人間心理に本質的な変化が訪れれば
その限りではありませんが・・・ 笑)

 

要するに、私達がGoogle検索エンジン集客を軸として稼いでいくためには
コピーライティングスキルの習得や強化に注力すべきであり、
そのスキルの効果を最大限にまで高めていくためにも
良質な「ソースコード」で構成されたテンプレートを使っていかなければならないという事です。

 

 

この「ソースコード」をテキトーな物にしてしまうと、
どんなにコピーライティングスキルが高かろうとも
50記事100記事と数を重ねるうちにアクセス数などにその影響が大きく響いてきますし、

 

何より、テンプレートが違っただけで上位表示されたはずの記事が
一切上位表示されないなんて事があったらやはり悔しすぎると思いますから。

 

ですので、この「ソースコード」という部分は
出来るだけ良質なブログテンプレートを選択する事で
問題解決を図っていく方が賢明だという事になります。

 

では良質なブログテンプレートは何を選択すれば良いのか?

 

その答えは、やはり『これ』しかないと思います。

 

巷ではSEO最強と絶賛されていたり数多くの利用者による賞賛の嵐、
そして何より私自身がその効果をまざまざと見せつけられている点から
このブログテンプレート以上の代物は存在しないと思いますので。

 

以上、何か参考になれば幸いです。

岡田

ブログ講座一覧